悩み

さて、夕飯をタニタの献立にして痩せようという試みとともに、一つの悩みが。
以前の日記にも触れた、息子の偏食。

もうすぐ2歳の1歳11ヶ月なので離乳食は卒業して一緒のものにしているけれど、食べない。

昨日は、朝に牛乳、煮豆、ヨーグルト。昼は、焼うどん拒否、おやつの手作り白玉も拒否。夕飯は、外食でコロッケにフライドポテトを少々。
離乳食のときは、息子はBFで、自分の昼は夕飯の残りとかで適当に済ませていたのに、今は息子の分も考えないとだし、しかも、作っても食べてくれないというのが、負担。
2人きりのお昼は憂鬱だ。

これって、「じゃあ食べなくていいよ。」とやり過ごすか、食べてくれるようなメニューを工夫しようと前向きに考えるかどちらかなんだろうか。(あ、でもなんでもいいから食べればいいというものでもないかも。言い換えれば、こちらが食べて欲しいと思っているものを食べてくれるようなメニューを工夫ということ。)

息子が食べてくれるものは、

牛乳、ヨーグルト、チーズ、煮豆、麺類、餅、パン(スティックパン)、フライドポテト、ハンバーグ、カレー、ポタージュスープ、天ぷら、唐揚げ、コロッケ、鶏そぼろ、お好み焼き。

などなど。で、これも、いつも絶対ではなく、飽きるのか食べないときもある。(時に手作りではなく、買ったものの方が受けがいいのが苛立たしかったりする。)野菜類が不足しているのは承知なんだけど。

割と早いうちから外食で濃い味に慣れてしまったからなのかと後悔しても、後の祭り。それと、離乳食作りをさぼって大分BFに頼ってしまったつけなのか。

息子の偏食に加えて、同居人のためのタニタのメニューは息子には、あまり合わないようで。

解決の道は如何に、と思案中。



ところで、この週末は両日とも、外食してしまった。
ラーメンと回転寿司。

あんまり健康にもお財布にもよくないのであった。
[PR]
by DECREASED | 2012-01-23 16:49
<< たらの野菜ホイル焼き そもそも >>